星4サーヴァントプレゼントで困っている人向け、交換対象の星4サーヴァントの性能解説

星4サーヴァント

2017年9月24日(日) 18:00から星4サーヴァントを1騎交換が可能になります。

ツイッター上でも様々な性能評価が行われてますが、私の主観で星4サーヴァントの性能を評価し、交換のお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

注意事項

一部サーヴァントは未所有、もしくは育成が進んでないため、解析情報のみでの感想となります。ご了承ください。

考察があまい、こういう使い方があるよ!という方はこっそりと教えて頂ければ更新します。

また、原則として育成難度をあまり考慮しておりません。

マスターによっては再臨素材で詰む場合もあるため、「 Fate/Grand Order Simulatorsさんを参考にして頂ければと思います。

※文中に出てくるCTはチャージタイムの略です。

宝具火力には当ブログの「宝具火力ランキングβ版を参考にしています。

星4セイバー

アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕

ストーリー限定

セイバーオルタの長所は通称「オルタ倍率」などと呼ばれる強力な宝具火力です。

「魔力放出」、「カリスマ」の2重バフを持ち、特効を除けば星4全体宝具トップクラスの威力です。

ATKも星4サーヴァントで高い位置にいますが、反面、NP効率や「直感」以外の星だし性能は並であるため、基本的にはNPチャージ礼装を持たせてBATTLE3の複数ボス相手に宝具を打つ用途がメインになると思います。

宝具LVやスキルLVが上がると、星5セイバーよりも宝具火力が高くなる事もあり、パーティコスト削減をしつつBATTLE3で宝具を打つ周回要員としても活躍してくれるでしょう。

ネロ・クラウディウス

ストーリー限定

ネロの長所はなんと言っても、その高い生存力にあります。

自身にガッツ3回付与のスキル「三度、落陽を迎えても」を初め、「皇帝特権」「頭痛持ち」のどちらもHP回復効果があります。

攻撃バフが皇帝特権しかなく、確率で発動するため火力は不安定ですが、即死・無敵貫通対策として最適解の1人とも言えるため、一部の高難度クエストで非常に便利なサーヴァントと言えるでしょう。

ジークフリート

HPが高くATKが低めなステータスですが、ジークフリートの代名詞とも言える竜特効宝具や、スキル「竜殺し」によって、竜属性持ちサーヴァントやエネミーに高いダメージを出す事が出来ます。

その威力は竜属性持ち・相性有利・宝具2同士であれば、星5サーヴァントを含め、全体宝具最強の高火力です。

最適解を求めると使いどころは限られますが、等倍でも雑魚掃討には十分なのでイベント時や、フリークエストの周回要員としてクラス相性の垣根を越え活躍してくれるでしょう。

シュヴァリエ・デオン

宝具が魅了付与・攻撃力・防御力ダウンという性能から、パッとしないように思うかもしれませんが、デオンの本質はバーサーカーの介護や、高難度クエスト等でアタッカーへの被ダメージを減らすタンク(壁役)となるサーヴァントです。

低レアのサーヴァントでも壁役のサーヴァントはいますし、マシュという強力なライバルもいますが、「自己暗示」での弱体解除・耐性アップ、「麗しの風貌」でのターゲット集中、HP回復、「心眼」での回避+防御力アップと扱いやすい性能だと思います。

ただし、ターゲット集中スキル「麗しの風貌」は第3再臨で習得なので、その点は注意しましょう。

ラーマ

ラーマは数少ない「魔性特攻」単体宝具で、ストーリー攻略や、イベント周回で活躍できるサーヴァントです。

魔性特攻はほぼエネミーに限定されてしまいますが、強力なスキル「武の祝福」はスター集中とクリティカル威力アップ(1ターン)効果で、スキルLV10ならCT4でクリティカル威力アップ100%(ジャンヌ・ダルク[オルタ]でもスキルだけなら50%)の高倍率なので、サーヴァント相手でも活躍ができます。

「カリスマ」でパーティ全体の補助、「離別の呪い」でガッツ+HP回復とスキル構成のバランスもよいですが、NP効率は普通、星だし性能は期待できないためそれらはパーティで補うとよいでしょう。

ランスロット

ランスロットの強みは、スキルの全てがクリティカルに特化しており、単騎でも星だし・スター集中・クリティカル威力アップという自己完結したクリティカルアタッカーである点が何よりの長所です。

アーツ宝具なのでアーツパでのサポートが受けやすく、防御スキルがない欠点も、パーティで運用すれば十分カバーが出来ます。(高レアキャスターがいなくても、マシュ+アンデルセンで十分効果を発揮します。)

宝具効果の「被ダメージが増える状態を付与」が分かりづらいですが、高難度クエストで固定ダメージしか通らない相手に特に威力を発揮し、誰が攻撃しても固定ダメージ(OCなしで1,000)を1回攻撃ごと(カード3枚で3,000、ブレイブチェインなら4,000)与える事ができるため、呪いや毒、バスターブレイブチェインなどで削るよりも、手軽かつ確実にダメージを与える事ができます。

スキルLVが低い状態でも強さが実感できる分かり易い性能で、ストーリー攻略や、ブレイクゲージを持つサーヴァント相手、高難度クエストで威力を発揮するサーヴァントだと思います。

ガウェイン

ストーリー限定

ガウェインと言えばバスター3枚にバスター宝具という攻撃的なカード構成です。

宝具にはスキル封印効果があり、バスターチェインを出しやすい事、やけどの追加効果から固定ダメージでないとダメージの通らない高難度クエストにも適正があります

「ベルシラックの帯」はNP20%固定と、NPチャージスキルを持つ貴重な全体宝具セイバーなのでカレイドスコープがあれば即宝具が打てますし、攻略などで起用する場合、スター獲得、ガッツ(1ターン)がいざと言う時の保険になるでしょう。

また、「カリスマ」、「聖者の数字」と2種類のバフ持ちですが、聖者の数字は攻撃力アップ+「陽射し」のあるフィールドのみバスター性能アップと、場所によって効果が限定されてしまう点に注意しましょう。

鈴鹿御前

鈴鹿御前はヒット数の多いバスター全体宝具を持ち、「神通力」でバスターアップ、スター発生率をアップした状態で宝具発動、追加効果でクリティカル威力アップ(3ターン)が得られるため、他のクリティカルアタッカーとは扱いが異なります。

「才知の祝福」には宝具威力アップ、必中状態(ともに3ターン)、NP獲得効果(5ターン)の複合スキルなので、対サーヴァント戦では初ターンに使用しNPを貯めつつ、回避スキルを持つランサーに確実にダメージを与える役割や、「魔眼」で男性を魅了、攻撃力をダウン(性別問わず)と多彩です。

宝具で獲得したスターを鈴鹿に活用させる、スター集中スキルを持つアタッカーを用意するなど、無駄のないパーティ編成を目指すとよいでしょう。

星4アーチャー

エミヤ

数々の強化の末、星4サーヴァントでもトップクラスの性能を獲得した、強力なサーヴァントです。

アーツ3枚にバスター宝具という構成ですが、「投影魔術」での火力アップ、宝具強化もあり、防御無視宝具なので常に安定したダメージを狙えます。

また、強化クエストで獲得する「鷹の目」がスター発生率アップ、クリティカル威力アップ100%(3ターン)とクリティカル系スキルでも破格の性能となりました。

エミヤ自身では「鷹の目」を使用しての宝具で星だしがメイン、かつスター集中スキルを持たないため、スキルでの星だしや、スター発生率アップのできるキャスター、アーツ系かつ星だしのできるアサシンと組ませる事で、アーツクリパとして安定した性能を出す事ができるでしょう。

幕間の物語2回で宝具強化、強化クエスト2回で最終的なスキルが揃うため、星4サーヴァントの育成でも特に育成難度の高いサーヴァントと言えますが、それに見合う強力なサーヴァントです。

アタランテ

アタランテはATKが低め、通常攻撃でのスター生産は並、さらにNP効率が極めて低いという欠点があるものの、「アルカディア越え」での全体クイックバフ50%を持ち、宝具で大量に星だしができるサブアタッカーです。

他者を強化できる50%のクイックバフはアタランテ以外だとスカサハしかおらず、そもそも入手自体が困難という問題があります。

アタランテは宝具強化もあり威力も高めなので、BATTLE2で宝具を打ち、BATTLE3で高HPのボスに別のアタッカーが宝具+クリティカルでの追撃、もしくはBATTLE3でアルカディア越えを使用し、クイック宝具でチェインを行うなど、NP効率の問題を礼装等で補う事ができれば、強力な宝具アタッカー兼星だし要員として活躍してくれます。

トリスタン

ストーリー限定

トリスタンは「治癒の竪琴」による全体回避付与、「騎士王への諫言」による強化解除、クリティカル発生率をダウンとアタランテとは別方向のクイック系サブアタッカーです。

単体宝具ですが自バフがないため宝具火力は控えめです。

その反面、通常攻撃、宝具ともにスター生産に優れ、クリティカルを出しやすく、「祝福されぬ生誕」でNPチャージもあるため宝具は早く打つことができます。

ただし、トリスタン自身も星を吸うため、アタッカーに寄せるには工夫が必要な点は注意しましょう。

エミヤ[オルタ]

ストーリー限定

星4サーヴァントでもHPよりなステータスですが、エミヤ[オルタ]の独特な攻撃力アップスキル「嗤う鉄心」(5ターン3回、LV10で40%)やエミヤ同様の「投影魔術」と2種類の別種バフを持ち、瞬間火力は星4サーヴァント単体宝具でも高めの威力です。

宝具は、防御無視単体宝具+チャージ減と対サーヴァント戦や高難度向きの効果ですがチャージ減は確率な点に注意しましょう。

防御面は、「防弾加工」も5ターン3回、LV10で50%で、スキルは全て最短CT5と優秀であり、パーティ次第では無敵・回避を使わずとも相手の宝具を耐える事も現実的になります。

カード性能は4ヒットなのでNP効率・スター生成も可能と総じてバランスがよく、アーツパのシナジーも受けやすい点があげられます。

ただし、ストーリー攻略、高難度でのボス戦を想定するなら、極力スキルLVを上げる必要があり、特にLV9での追憶の貝殻60個が難関となるでしょう。

星4ランサー

エリザベート・バートリー

星4全体宝具ランサーの中では宝具強化もなく、火力は低めなものの、優秀なバフ・デバフがエリザベートの特長です。

強化クエストで「カリスマ」が「嗜虐のカリスマ」へと変化し、LV10で攻撃力アップ20%(3ターン)になるだけでなく、自身を除く味方全体の女性の攻撃力を更に20%アップと破格の性能になります。

また、「拷問技術」で敵単体の防御力をLV10で20%ダウンも出来るため、最大60%のバフ・デバフを持つ、優秀なサブアタッカーです。

「ガッツ」も耐久性を上げる無難なスキルなので、周回だけでなくストーリー攻略、高難度でのサブアタッカーとして、幅広く活躍してくれます。

アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]

ストーリー限定

ランサー版のアルトリア[オルタ]ですが、他のアルトリア系と同じく、「カリスマ」、「魔力放出」(LV10で55%)を併せ持ち、高いATKと宝具強化済みでの高火力が特長となります。

※オルタ倍率と書いてましたが誤りでした。宝具強化と魔力放出55%、ランサークラスの攻撃力1.05倍で火力を後押ししています。(セイバーオルタは宝具強化なし)

その反面、カード性能は低く、ランサークラスとなった事でアーツカードが1枚となるため、宝具発動はカレイドスコープ、虚数魔術などのNPチャージ礼装で補助しましょう。

また、ランサーアルトリア[オルタ]独自のスキル「最果ての加護」は、スター集中・クリティカル威力アップ・スター獲得と1つのスキルでクリティカル系を網羅する破格のスキルです。

全体宝具での雑魚掃討、単体ボスへのクリティカル攻撃とバランスがよいため、ストーリー攻略、周回どちらにも向いているサーヴァントと言えるでしょう。

フィン・マックール

ランサーでは珍しい、アーツ2枚かつアーツ全体宝具というカード構成です。

宝具強化があり、「魔術」でアーツの性能アップが出来るため、宝具火力は星4ランサーの中でも中堅に位置します。

特長的なスキル「女難の美」がターゲット集中+確率で回避(1ターン)という性能で癖が強く、LV10で100%回避となります。

必中、無敵貫通、即死以外はスキル1つで無効化出来る反面、CTは最短10ターンと再使用は難しいでしょう。

NP効率や、星だし性能も高くないのですが、強化クエストにより「千里眼(麗)」を取得。アーツカードの少ないランサークラスで初手アーツの補佐や、味方のNP効率もサポートできるようになり、独自の立ち位置を獲得できるようになりました。

神槍 李書文

ストーリー限定

ランサーでは珍しい、アーツ2枚かつこちらはアーツ単体宝具というカード構成です。

スキルは「中国武術」が必中+クリティカル威力アップ、「圏境」が回避+スター集中、「絶招」が無敵貫通とアーツ性能アップとアーツクリパ適正があるものの、どれも効果は1ターン、最短CT6と、アーツパでの星だし+礼装でのスター集中やクリティカル威力アップなどを補い、ここぞというタイミングで、スキルを使うようにした方がよいかもしれません。

宝具は防御無視単体宝具、かつ防御力ダウンがつくため、スキルを使用し、宝具からのアーツブレイブチェインにクリティカルを乗せる事ができれば、防御無視+無敵貫通も相まってどのような相手でも大ダメージを期待できるでしょう。

ヴラド三世[EXTRA]

ヴラド三世[EXTRA]はバスター単体宝具に「悪特攻」という珍しい効果に加え、「無敵貫通」効果もあるため、どのような相手でも確実にダメージを与える事ができます

ATKが低いため、宝具1、かつ特攻が載らない相手への宝具火力は控えめですが、特攻さえ乗れば、星4ランサーでも上位の火力となり、スキルLV・宝具LVによっては星5ランサーすら超える威力を出してくれます。

宝具だけでなく、スキルも優秀で「無辜の怪物」はターゲット集中をしつつ、3ターンスターを獲得。「信仰の加護」で攻撃力、防御力、弱体耐性をアップさらにHP回復と強力なスキルを持っています。

もう1つのスキル「軍略」は味方全体の宝具威力アップという珍しい効果なので、宝具チェインをする際に高い効果を発揮してくれます。

カード性能もヒット数が多く、星だし、NP効率もよいのでアタッカー・タンク・星だし要員と複数の役割をこなせる器用なサーヴァントと言えるでしょう。

メドゥーサ[ランサー]

ランサークラスのメドゥーサは、ライダーの時と同じく、アーツ2枚、クイック2枚、バスター1枚、クイック宝具というカード構成です。

ヒット数は多いため星だしはできるもののクイックやEXでのNP効率は悪いため、注意しましょう。

宝具がクイック単体宝具でスタンを付与できるものの、姉達とは異なり、OCなしだと成功率80%しかなく、「魅惑の美声」も同様に、スキルLV10で90%しかありません。

「怪力」は1ターンの攻撃力アップなので、基本は宝具に合わせて使用し、「彼方への想い」は無敵+ガッツ付与なので無敵を使っても即死で倒されるという事故を防ぐことが出来ます。

個人的には礼装で魅了やスタンの成功率を上げ、しぶとく生き残り宝具は無敵・ガッツで防ぐという運用が無難に思います。

愛のある方はゴルゴン3姉妹パで、対魔力のないアヴェンジャーや、バーサーカーを封殺するパーティもオススメです。

星4ライダー

マリー・アントワネット

マリーといえば、脅威の3回無敵+5ターンHP回復のスキル、「麗しの姫君」による圧倒的耐久力が上げられます。

クイック全体宝具にHP回復と弱体解除もついていますが、HP回復はOCなしで500と回復量が低いため注意しましょう。

耐久特化なため、火力は出しにくいですがNP効率は悪くないため、追加効果で様々なデバフを付与してくるようなボス戦に無敵で確実に生き残り、アタッカーの弱体解除するという戦い方だと安定するように思います。

マルタ

マルタの強みは、全体弱体解除、相手の強化解除、HPの回復を全てスキルで行える点が最大のメリットで、特に高難度クエストで頼れるサーヴァントです。

ライダークラスなので星を吸いやすい欠点はあるものの、アーツ3枚のカード供給や、初手にバスター全体宝具、防御力大ダウン(3ターン)でアタッカーをサポートするため、高難度クエストで需要の高いサーヴァントとなりました。

1枚しかないクイックもクラススキルに騎乗A++があるため星だしも可能、さらに対魔力と「信仰の加護」の弱体耐性アップでデバフにも強い点なども上げられます。

高難度向けサポート要員として、いざという時のために育成しておきたいサーヴァントです。

アン・ボニー&メアリー・リード

アン・ボニー&メアリー・リードは、HPが減るほどに倍率が上がる特殊な宝具なので、ガッツ礼装と合わせてHP1でカウンターを狙えば、宝具1でも最強クラスの火力となります。

スキルは「射撃」クリティカル威力アップ(1ターン・LV10で100%)や、「航海」でのスター発生率アップ(3ターン)、攻撃力アップ+スター集中のコンビネーションと全てクリティカルに特化しているものの、自身のスター供給力が低いためパーティでの支援は必要です。

ガッツ礼装でのカウンター狙いは敷居が高いため、黒聖杯を持たせる事も現実的です。

宝具特化にするか、クリティカル特化にするかのパーティ編成が重要になるでしょう。

アストルフォ

アストルフォは全体防御無視、回避3回付与、スターを獲得と強力な宝具を持つもののNP効率が非常に悪く、礼装の補助なしで宝具は打ちにくいという難点があります。

クイック3枚というカード構成で、クラススキルに騎乗A+、単独高度Bとクリティカルアタッカーの適正があり、クリティカルを後押しする強力なスキル「理性蒸発」も持っています。

しかし、「理性蒸発」は毎ターンスター獲得+スター発生率アップ+クリティカル威力アップという強力なスキルである反面、攻撃時に「確率で発動」するため、オジマンディアスの「太陽神の加護」を使用しても確定させられないピーキーな面もあります。

強化クエストで「理性蒸発」にNPチャージ最大50%を獲得、宝具強化もあるため、NPチャージスキル持ちが多いライダークラスでも特に周回においては非常に頼れる存在となりました。

星4キャスター

メディア[リリィ]

ストーリー限定

数少ないヒーラー特化のサーヴァントであり、スキルと宝具でのHP回復に弱体解除と瞬間回復量は全サーヴァントでもトップクラスの性能です。

「高速神言」LV4でNP101%になるので、強力なデバフを開幕で受けても即立て直しができます。

マルタもスキルでHP回復が出来ますが、メディア[リリィ]は宝具1でHP4,000回復、スキル「耐毒」でHP2,000~3,000回復、さらに「うたかたの恋」で味方単体の回復量アップがあり、LV1でも50%、LV10なら100%と、高速神言LV4にするだけで、全体6,000HPを回復さらに、1人は1.5倍という性能です。

宝具には弱体耐性アップもあるため、デバフを連発する相手に非常に強く、星を吸いにくいクラスなので、2030年の欠片を持たせてスター生成要員としてもよいでしょう。

ナーサリー・ライム

ナーサリー・ライムは全体宝具キャスターですが、「自己改造」でスター集中とクリティカル威力をアップを持つ珍しいキャスターです。

「変化」での防御力アップ+弱体耐性アップ、「一方その頃」で弱体解除とHPを回復と攻撃バフはないものの、デバフにも非常に強く、星だしや攻撃バフを他のキャスターにサポートしてもらえば、高HPのボスでも十分戦える強さを持っています。

「一方その頃」にはNPチャージLV10で40%と虚数魔術で宝具が打てるため、周回要員としても活躍してくれる便利なサーヴァントです。

エレナ・ブラヴァツキー

エレナと言えば、「魔力同調」(LV10)での全体20%NPチャージでしょう。

課金者向けにはなりますが、カレイドスコープ3枚でどのようなサーヴァントでも周回に組み込めるのは大きな利点です。

「マハトマ」での宝具威力アップ50%は星4サーヴァントとは思えない高倍率であるものの、「確率で発動」(LV10でも確率80%)なため、周回時はやや不安があります。

それでも、宝具強化を持ち、魔力同調のバフもあるため、攻撃力、サポート力に優れ、マハトマが発動した際の宝具火力は星5キャスターに負けない威力が出るため、攻略、周回でどちらも活躍できるサーヴァントです。

トーマス・エジソン

ストーリー限定

エジソンは「概念改良」により宝具のチャージを2段階引き上げる事ができ、アーラシュ、イシュタル、イリヤスフィール、坂田金時(騎)などOCで宝具火力がアップするサーヴァントを強化できる貴重なサーヴァントです。

攻撃バフがないため、宝具強化が来てもなお火力は低いですが、宝具封印、スキル封印、クリティカル威力ダウン、さらに強化クエストで攻撃力ダウンも追加され、デバフに特化しています。

キャスター同士で組み合わせるなら、イリヤスフィールと組ませる事で火力を大幅にアップさせられるので、宝具LVが低い場合は大きな助けになるでしょう。

ニトクリス

ニトクリスは「高速神言」でNP100%(LV8以上)を獲得でき、カレイドスコープと合わせて2回全体宝具を打てる周回において超強力なキャスターです。

「エジプト魔術」LV10で即死成功率100%と一部の雑魚エネミー必ず即死できる現実的な即死宝具なため、場合によってはクラス相性を無視した活躍すら期待出来ます。

攻撃バフがないため、宝具LV1だと火力は控えめですが、宝具LVが上がると雑魚なら等倍でも倒せるようになり、星4サーヴァントの中でもトップクラスの周回性能を持ったサーヴァントです。

ギルガメッシュ[キャスター]

ギルガメッシュ[キャスター]は最高ランクの「カリスマ」(LV10で21%)もアーチャーと同様に保持し「魔杖の支配者」でのアーツカード性能アップ(LV10で30%)もあることから、自身を含むアーツ系サーヴァントのサポートに最適です

ヒット数に優れるので、「王の帰還」でスター発生率をアップさせ、アーツでNPを貯めつつ、星だしもできるというアーツクリパに非常に噛み合う性能をしています。

宝具も「王の帰還」と併用する事で大量にスターを獲得し、敵の防御ダウン+味方の防御力アップと耐久性にも貢献できるため、非常に使い勝手のよいサーヴァントです。

星4アサシン

ステンノ

宝具は敵単体に「即死効果」「魅了」「防御力ダウン」と何も考えずに出撃させると防御ダウンするだけの宝具になるため、注意が必要なサーヴァントです。

男性のエネミーやサーヴァント相手、かつ対魔力がなれば、宝具の魅了は100%確定、「魅惑の美声」も同様にLV10で100%スタンさせる事が出来ます。

「吸血」でのチャージ減はLV10で80%とやや不安定ですが、とにかく男性サーヴァントの足止めに特化しています。

また、強化クエストで得られる「女神の気まぐれ」は神性を持っているサーヴァントなら、自身を含め40%の攻撃力アップを付与できるため、足止め要員だけでなくバッファーとしても優秀です。

ステンノを使いこなすには敵味方の知識が必要となりますが、上手く使いこなせば、ゴルゴン3姉妹でのパーティで男性サーヴァントを封殺したり、周回時に後一押し足りない場合のバフ要員など意外な活躍が期待出来ます。

カーミラ

ステンノとは対象的にカーミラは女性特攻宝具を持つため女性エネミー・サーヴァントに特に強いサーヴァントです。

ダメージに起因するスキルが「拷問技術」のみと特攻がないと火力は控えめなものの、NP効率が非常に高く、クリティカルが上手く乗れば簡単に宝具を連発出来ます

宝具は自身のHPを大回復と、攻撃力をアップ(3ターン)の効果もあるため、ここぞというタイミングまで温存する必要が少なく、気軽に宝具を打てるのもポイントです。

ヒット数と低ランクの気配遮断のせいで、攻撃での星だしは苦手なものの、強化クエストで得られる「鮮血の湯浴み」にスター獲得効果があるので、さらにバランスが良くなりました。

エミヤ[アサシン]

エミヤ[アサシン]で特筆すべきは「スケープゴート」というターゲット集中を他者に付与するスキルです。

無敵スキルを持つサーヴァントや、ネロのようなガッツで単体宝具を無効化できるサーヴァントと組む事でターゲット集中させ、敵の宝具を防ぐ使い方がよいでしょう。

また、マスター礼装の回避、無敵付与を駆使したり、NPがあと少し足りない場合に、ターゲット集中であえて被ダメージを稼ぐという手もあります。

「聖杯の寵愛」は無敵貫通+クリティカル威力アップと強力なものの、自身を除く味方全体の弱体耐性ダウンとこちらも癖の強いスキルです。

これらのスキルを生かすには、ある程度サーヴァントが揃い、敵の特性やコンセプトに応じてパーティを組む事で強さを発揮できるため、上級者向けのサーヴァントと言えるかもしれません。

新宿のアサシン

新宿のアサシンはスター生成や操作に特化したアサシンです。

クイック3枚構成、クラススキル「無頼漢」でクイック性能とクリティカル威力アップを持ち、低くなりがちなクイックの威力を補えます。

アサシンでも高いレベルの星だし能力を持ち、「中国拳法」での自身にスターを集めNP効率アップ、「天巧星」でスターを獲得しつつ自身のスター集中度を下げたりと、ヒット数とクリティカルでスターを飽和させるパーティなくとも柔軟なスター運用が可能です。

ただし、クラススキルでしか火力をアップさせるスキルがないため、宝具火力は低くめです。

クリティカル威力アップはあるがスターの集まりにくいバーサーカーやアヴェンジャーと組ませたいところですが、新宿のアサシンも防御スキルがないため、防御面が手薄になる点は注意しましょう。

不夜城のアサシン

不夜城のアサシンは「女帝のカリスマ」が特に強力で、LV10で味方全体の攻撃力アップ(3ターン)20%、さらに自身を除く味方全体のクイックカード性能をアップ(3ターン)20%と、貴重なクイックカード3ターンバフを持ったアサシンです。

自身にクイックアップの効果が乗らない点は残念ですが、「拷問技術」で敵単体の防御力をさげ、自身はおなじみ、「皇帝特権」で不安定ながらも高倍率のバフを持つため、3つのスキルを載せて宝具を打てば、星4アサシンでもトップクラスの宝具火力となります。

強力なスキルを持つ反面、スキル上げは愚者の鎖、万死の毒針、魔術髄液が大量に必要となり、育成難度も星4サーヴァントトップクラスとなるため注意しましょう。

星4バーサーカー

ヘラクレス

ヘラクレスは初期サーヴァントでありながら、テコ入れされずとも未だ星4サーヴァント中トップクラスの性能を誇るサーヴァントです。

攻撃力に特化したバーサーカークラスでありながら「ガッツ」は5ターン継続と長く保険がかけられ、「心眼」はクリティカル威力アップが無駄になりがちですが、1ターン回避状態と防御面に優れます。

攻撃も「勇猛」3ターン継続、最短CT5と宝具だけでなく通常攻撃にも気軽に使えます。

さらに特筆すべきは殿で単騎になった際、相手が必中や無敵貫通を持たなければ、マスター礼装と合わせて3~4ターンバスターブレイブチェインで殴り続けられる点です。

条件は厳しいですが、スキルマかつ絆礼装を持たせれば、CT短縮と絆礼装ガッツ3回付与で更に生存力がアップするため、長い目でしっかりと育成したいサーヴァントです。

ランスロット

ランスロットは宝具での星だしとクリティカル特化のバーサーカーです。

一切の防御スキルを持たず、NP効率も劣悪という一見扱いずらいサーヴァントですが、周回性能においては星4サーヴァントトップクラスの性能を誇ります

宝具は多段ヒットのクイック宝具で、「精霊の加護」と併用する事で大量にスターを出す事ができます。

NP礼装の補佐がないと宝具を打つのが難しいサーヴァントですが、NP付与礼装を持たせBATTLE1で宝具を打ち、BATTLE2では「無窮の武練」でスターを集中、「魔力逆流」でクリティカル威力をアップし、中ボスを殲滅、敵・味方編成、スキルLV次第では2回宝具を打ち、BATTLE3の単体ボスをクリティカルで倒す事も視野に入る強力な周回性能を持っています。

タマモキャット

タマモキャットの特長は他のバーサーカーと異なり、宝具で3ターンHPを回復できる点があります。

宝具火力や瞬間火力で見ると、同レアのランスロット、フランケンシュタインに劣り、宝具後に2ターンのスタンが付与されるため、ブレイブチェインができずメインアタッカーとなるにはスタンが重くのし掛かります

しかし、ストーリー攻略で起用する場合、NPチャージ礼装に弱体無効や弱体解除のスキルを持つサーヴァントと組ませると、思わぬ粘りを見せる事もあります。

フランケンシュタイン

フランケンシュタインはバーサーカーの中でも宝具火力に特化したタイプです。

周回時は「オーバーロード」での自身の宝具の威力を大アップと「虚ろなる生者の嘆き」の防御力ダウンを併用する事でBATTLE2での中ボスを含めたエネミー3体編成を処理しやすく、バーサーカークラスなので混成クラスの敵でも問題ありません。

ただし、オーバーロードにはやけどのデメリットがあり、宝具もタマモキャット同様2ターンのスタン付与という攻略で起用するには非常に重いデメリットがあります。

イベント時の3ターン周回では、デメリットを気にする必要がなくなる上に、宝具レベルが重なると威力が跳ね上がるため、特に宝具レベルを上げるメリットの高いサーヴァントと言えるでしょう。

ベオウルフ

ベオウルフは星4バーサーカートップの単体宝具火力が特長のサーヴァントです。

「ベルセルク」で攻撃力、宝具威力をアップし宝具で殴るという分かりやすいスタイルで、宝具LV、スキルLV次第で星5バーサーカーを超えるダメージを出す事もあります

宝具は必中も付与されるため、無敵スキル持ち以外を高火力の宝具で殴り飛ばすのが主な仕事ですが、反面、防御スキルは「戦闘続行」しかないため、対策は必要です。

「直感」でスターを出す事もできますが、自身では生かしづらいので、仲間に使ってもらう事になるでしょう。

茨木童子

茨木童子はバーサーカーの中でもバランスがよく、「変化」で防御力を高め、「仕切り直し」で弱体解除+回復と2つの防御スキルを持っています。

攻撃に関しても、「鬼種の魔」で自身の火力アップに加え、味方のサポートも出来る数少ないバーサーカーです。

また、1枚しかないですがクイックカードの性能が高く、アーツカードの性能も悪くないため、礼装に縛られずNPを貯めやすいのもポイントです。

宝具はバスター単体宝具でダメージ後に強化解除と防御力ダウンが付きます。

回避や無敵にはダメージを与える事はできないものの、ガッツは無効化できますし、場合によってはバスターブレイブチェインや宝具チェインで無敵・回避を解除してダメージを与えるという戦略も取れるため、スキルやカード性能と合わせ、ストーリー攻略や高難度適正の高いバーサーカーと言えるでしょう。

エルドラドのバーサーカー

エルドラドのバーサーカーの特長はバーサーカーでありながら豊富な支援スキルを持つことで、パーティ全体の火力アップができる点です。

「カリスマ」(LV10)で18%攻撃力アップ「軍神咆哮」で(LV10)20%のバスターアップとサポート力に優れ、自身には、対象は極端に少ないもののギリシャ神話系男性特攻が付与されるため、全サーヴァントでもトップクラスのダメージを与える事が出来ます

防御スキルは一切ないので、事故対策は必須ですが、「黄金律(美)」(LV10)で毎ターン20%NPを獲得できるため他のバーサーカーと比べても圧倒的に宝具が打ちやす点が非常に便利です。

星4アヴェンジャー

ゴルゴーン

ストーリー限定

ゴルゴーンは星4サーヴァント中トップのATKを誇り、「怪力」はLV10で星5バーサーカーの坂田金時と同じ50%の攻撃力アップと非常に攻撃性能が高いものの、アヴェンジャークラスはルーラー・バーサーカーしか相性有利を取れないため、等倍相手だと宝具火力は伸び悩みます。

「変転の魔」でクリティカル威力を3ターンアップさせる事も出来ますが、スター集中スキルがないため、封印指定執行者などの礼装で補うなど対策は必要でしょう。

サブアタッカーとしてBATTLE2でHPの多いバーサーカーを宝具で倒しつつ、等倍相手にもそれなりのダメージを与え、相性有利クラスで取り巻きを倒すという戦い方がお手軽かつ現実的なように思います。

ただ、サーヴァントが揃っているマスターだと、ゴルゴーンである必要性が少なく、かといって初心者には再臨・スキル上げの素材が重くのし掛かるため、ルーラーを複数相手する際の対策として、ゆっくり育成するのもよいでしょう。

新宿のアヴェンジャー

新宿のアヴェンジャー、恒常で入手できる唯一のアヴェンジャーです。

「堕天の魔」はスター集中と防御力アップの攻防一体のスキルで、「怪力」は2ターンの攻撃力アップスキルなので、宝具や堕天の魔に合わせ、ここぞというタイミングで使うとよいでしょう。

「死を纏う者」は即死耐性ダウン、攻撃力ダウン、強化解除の複合スキルです。宝具効果に必中があるため、回避は気にしないでよいものの、無敵やガッツ、固い防御バフなどを先に剥がし、宝具やクリティカルでたたみかけるといった使い方がよいでしょう。

新宿のアヴェンジャーもゴルゴーンと同様、有利クラスで活躍させる機会が少ないという問題はありますが、バーサーカーのガッツ、防御バフを剥がし、必中宝具という点を上手く活用したいサーヴァントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*