【キャスター編】星4サーヴァントプレゼントで困っている人向け、星4サーヴァントの性能解説

小ネタ・小技

スポンサーリンク

2018年11月09日(金) 18:00から星4サーヴァントを1騎交換が可能になります。

ツイッター上でも様々な性能評価、プレゼンが行われてますが、私の主観で星4サーヴァントの性能を評価し、交換のお役に立てればと思います。

注意事項

一部サーヴァントは未所有、もしくは育成が進んでないため、解析情報のみでの感想となります。ご了承ください。

考察が甘い!こういう使い方があるよ!という方はこっそりと教えて頂ければ更新します。

また、原則として育成難度をあまり考慮しておりません。マスターによっては再臨素材で詰む場合もあるため、「 Fate/Grand Order Simulators」さんを参考にして頂ければと思います。

スキルLVについて言及がなく倍率だけ書いてある場合、スキルLV10相当の倍率です。

宝具火力には当ブログの「宝具火力ランキングβ版」を参考にしています。

エレナ・ブラヴァツキー

エレナと言えば、「魔力同調」(LV10)での全体20%NPチャージでしょう。

課金者向けにはなりますが、カレイドスコープ3枚でどのようなサーヴァントでも周回に組み込めるのは大きな利点です。

「マハトマ」での宝具威力アップ50%は全サーヴァントで比較しても高い倍率ですが、「確率で発動」(LV10でも確率80%)なため、周回時はやや不安があります。

それでも、宝具強化を持ち、魔力同調のバフもあるため、攻撃力、サポート力に優れ、マハトマが発動した際の宝具火力は星5キャスターに負けない威力が出るため、攻略、周回でどちらも活躍できるサーヴァントです。

オケアノスのキャスター

キャスタークラス全体で見ても数少ない単体宝具、かつスキルでNPを100%にできる大きな強みを持っています。

キャスタークラスの火力不足も黒聖杯をもたせることで解消でき、宝具効果の「豚化状態を付与」でスタンさせる事もできます。

しかし豚化状態付与は対魔力で防がれる以外にも無効化されるエネミーが存在し、実際に撃ってみるまでは通用するかわからない点は注意が必要です。

※同名のサーヴァントでも通る場合と通らない場合があるらしく、Break持ちのボスだから無効化されるわけでもないようです。

火力に直結するスキルは「毒の食饌」の防御力20%と少ないため、アタッカーとして活かすならマーリン、シェイクスピアなどのサポートで火力を伸ばすと良いでしょう。

また、「出航の助言」は味方全体の弱体解除という高難易度で非常に有効なスキルです。同じ効果はマルタも持っていますが、オケアノスのキャスターは星を吸いにくいキャスタークラスであるという点にメリットがあります。

ギルガメッシュ[キャスター]

ギルガメッシュ[キャスター]は最高ランクの「カリスマ」(LV10で21%)をアーチャーと同様に保持し「魔杖の支配者」でのアーツカード性能アップ(LV10で30%)もあることから、自身を含むアーツ系サーヴァントのサポートに最適です

ヒット数に優れるので、「王の帰還」でスター発生率をアップさせ、アーツでNPを貯めつつ、星だしもできるというアーツクリパに非常に噛み合う性能をしています。

宝具も「王の帰還」と併用する事で大量にスターを獲得し、敵の防御ダウン+味方の防御力アップと耐久性にも貢献できるため、非常に使い勝手のよいサーヴァントです。

ランスロット(剣)などをアタッカーとしたアーツクリパや、モードレット(騎)をアタッカーとした3ターン周回(通称:サモさんシステム)などアーツパでのサポートにおいて非常に重要なサーヴァントです。

トーマス・エジソン

ストーリー限定

エジソンは「概念改良」により宝具のチャージを2段階引き上げる事ができ、アーラシュ、イシュタル、イリヤスフィール、坂田金時(騎)などOCで宝具火力がアップするサーヴァントを強化できる貴重なサーヴァントです。

攻撃バフがないため、宝具強化が来てもなお火力は低いですが、宝具封印、スキル封印、クリティカル威力ダウン、さらに強化クエストで攻撃力ダウンも追加され、デバフに特化しています。

キャスター同士で組み合わせるなら、イリヤスフィールと組ませる事で宝具火力をアップさせる、ニトクリスの即死確率をアップさせるなど噛み合うパーティでは非常に強力なサポート力を発揮します。

ナーサリー・ライム

ナーサリー・ライムは全体宝具キャスターですが、「自己改造」でスター集中とクリティカル威力をアップを持つ珍しいキャスターです。

「変化」での防御力アップ+弱体耐性アップ、「一方その頃」で弱体解除+HP回復と耐久力もあり、星だしや攻撃バフを他のキャスターにサポートしてもらえば、高HPのボス相手でも十分戦える強さを持っています。

「一方その頃」にはNPチャージ効果(LV10で40%)もあり、虚数魔術で宝具を打つことや、宝具でNPを10%以上リチャージすることから、限界突破したカレイドスコープ+フレンド孔明で宝具2連射するなど、周回要員としても活躍してくれる便利なサーヴァントです。

ニトクリス

ニトクリスは「高速神言」でNP100%(LV8以上)を獲得でき、カレイドスコープと合わせて全体宝具を2連射できる超強力なキャスターです。

「エジプト魔術」LV10で即死成功率100%と一部エネミーを確定で即死させられる現実的な即死宝具であり、場合によってはクラス相性を無視した活躍すら期待出来ます。

攻撃バフがないため、宝具LV1だと火力は控えめですが、宝具LVが上がると雑魚なら等倍でも倒せるようになり、星4サーヴァントの中でもトップクラスの周回性能を持ったサーヴァントです。

ミドラーシュのキャスター

ストーリー限定
ミドラーシュのキャスターはキャスタークラスでは珍しいBBQAAのセイバー型のカード構成を持つアーツ宝具アタッカーです。

「精霊の目」のクリティカル威力アップはマーリンの「英雄作成」と同じ100%の威力アップ(1ターン)。さらに無敵貫通(1ターン)も付与される強力なスキルである反面、クリティカルアタッカーとしてはスター集中を持たず、後述するスキルの星だしも10個、クラスによってスター集中度の優劣をつけにくいため、クリティカルアタッカーにありがちなパーティ全体でのサポートはやはり必要となります。

スキルは「カリスマ」(LV10で17.8%)「魔神の叡智」での味方全体バスターカード(20%)、アーツカード性能アップ(20%)、スター獲得(10個)と2重バフで自身の宝具威力、クリティカル威力を上げつつ味方のサポートもできますが、耐久スキルが皆無(対魔力を持つためデバフには強い)なのでやはりこちらも支援が必要です。

キャスタークラスの手持ちが豊富であれば、状況に応じて様々な支援ができるため宝具連射重視か、クリティカル重視かをクエストに応じて検討してもよいでしょう。

メディア[リリィ]

ストーリー限定

メディア[リリィ]は数少ないヒーラー特化のサーヴァントであり、HP回復の瞬間回復量は全サーヴァントトップクラスです。

また、宝具効果には「味方全体の弱体状態を解除」と「味方全体の弱体耐性アップ」もあるためデバフにも強く、「高速神言」LV4でNP101%になるので、BATTLE1開始時に高倍率のデバフを受けても、即座に立て直しができます。

しかし宝具や強力なクリティカルなど即死級の攻撃に対処ができない問題もあるため注意が必要です。