【アサシン編】星4サーヴァントプレゼントで困っている人向け、星4サーヴァントの性能解説

小ネタ・小技

スポンサーリンク

2018年11月09日(金) 18:00から星4サーヴァントを1騎交換が可能になります。

ツイッター上でも様々な性能評価、プレゼンが行われてますが、私の主観で星4サーヴァントの性能を評価し、交換のお役に立てればと思います。

注意事項

一部サーヴァントは未所有、もしくは育成が進んでないため、解析情報のみでの感想となります。ご了承ください。

考察が甘い!こういう使い方があるよ!という方はこっそりと教えて頂ければ更新します。

また、原則として育成難度をあまり考慮しておりません。マスターによっては再臨素材で詰む場合もあるため、「 Fate/Grand Order Simulators」さんを参考にして頂ければと思います。

スキルLVについて言及がなく倍率だけ書いてある場合、スキルLV10相当の倍率です。

宝具火力には当ブログの「宝具火力ランキングβ版」を参考にしています。

アサシン・パライソ

アサシン・パライソはスキルで宝具封印、宝具にはスキル封印を持つデバフ型のアサシンです。アーツ単体宝具で「呪術」(アーツカード性能アップ30%)でも強化可能ですが、最近の星4サーヴァントにしてはバフが控えめなので注意が必要です。

特徴的なスキル「おろちの呪」は通常攻撃時に敵に呪い状態(3ターン)を付与するという珍しい効果であり、固定ダメージでとにかく相手のHPを削っていくような高難易度に適正もあり、素殴りの火力を補正する効果もあります。

アーツ型、NPチャージ30%スキルもあり宝具は打ちやすいため、高難易度ライダー相手に宝具封印、スキル封印などでチャージゲージを管理しつつアタッカーに対し初手Aを供給するという使い方もできます。

エミヤ[アサシン]

エミヤ[アサシン]はアーツ単体宝具アタッカーです。

宝具火力では女性特攻宝具の「カーミラ」、皇帝特権発動時の「不夜城のアサシン」よりは低いものの、特攻やスキルの確率で変化しない安定した火力を出せるというメリットもあります。

※魔術(アーツカード性能40%アップ)によるバフがない場合は火力が下がります。

特徴的なスキル「スケープゴート」はターゲット集中を他者に付与する効果があります。無敵・回避スキルを持つサーヴァントや、マスター礼装を利用し敵単体宝具を防ぐ使い方がよいでしょう。

また、もう一つのユニークスキル「聖杯の寵愛」は無敵貫通+クリティカル威力アップと強力なものの、自身を除く味方全体の弱体耐性ダウンとこちらも癖の強いスキルです。

宝具強化で防御無視が追加され、無敵貫通もあるので確実にダメージを与えられる上に、チャージ減、クリティカル威力ダウンと宝具アタッカーとしては強力なのですが、アーツカードのNP回収率が悪く、ライダー相手だとキャスタークラスのサポートが受けにくいという問題もあるため、上手く機能させるには編成の難易度が高いサーヴァントと言えるでしょう。

カーミラ

カーミラは女性特攻宝具ち、宝具強化済みなので特攻さえ乗れば星4アサシントップの強力なサーヴァントです。

また、アーツ、クイックカードのNP効率が非常に高いため、宝具連射も十分視野に入ります

スキル「吸血」によるチャージ減がLV10で80%、NPチャージが27%なのでLV8で止めておいても限界突破した虚数魔術で宝具を打つことができます。未凸カレイドスコープがあるならLV3でも宝具を打てます。

高いNP効率を持つ反面、カードの星だし性能は低いですが、スキル「鮮血の湯浴み」(10個/3T)である程カバーし、単体のクリティカル発生率をダウン(50%/3T)も事故を減らすのに役立つため全体的なバランスがよいサーヴァントです。

加藤段蔵

加藤段蔵はアサシンで数少ない全体宝具で効果に魔性特攻を持つサーヴァントです。

魔性特攻が付いているもののライダークラスには雑魚エネミーも含めほぼいないため、火力を出すにはバーサーカーの雑魚相手でないと活かしづらいという欠点もあります。

スキル「人造四肢(絡繰)」はバスター、クイックカード性能アップ(30%/3T)、LV10でCT5と優秀なので積極的に使いつつ、2枚のバスターを初手に使い火力支援、4ヒットするクイックで星だしするのが良いでしょう。

また、「忍術」(回避)と「絡繰幻法」(無敵)と同種のスキルを複数持つため、ターゲット集中スキルを持つサーヴァントとと組ませ単体宝具を防ぐ、全体宝具をマスター礼装と合わせて無効化する、バーサーカーの被弾を減らすなど、この2つのスキルをいかに活用するかが重要になってくるでしょう。

新宿のアサシン

新宿のアサシンはスター生成や操作に特化したアサシンです。

クイックカード3枚構成、強化クエストで「諜報」が「ドッペルゲンガー」に変化し、「クイックカード性能アップ、クリティカル威力アップ、スター発生率アップ(すべて30%3T)をCT5(LV10の場合)で回せるようになり素殴り、宝具威力ともに改善されました。

スキルでのスター操作に長けており、「中国拳法」で自身に集めNP効率アップさせたクリティカルを狙う、「天巧星」でスターを獲得しつつ自身のスター集中度を下げたりと、ヒット数とクリティカルでスターを飽和させるパーティでなくとも柔軟なスター運用が可能です。

ステンノ

ステンノは宝具、スキルが対男性に特化した効果が多く、男性、特に対魔力のない相手に強さを発揮するサポーター、サブアタッカーです。

男性のエネミーやサーヴァント相手、かつ対魔力がなれば、宝具の魅了は100%確定、「魅惑の美声」も同様にLV10で100%スタンさせる事が出来きます。

「吸血」でのチャージ減はLV10で80%とやや不安定ですが、とにかく男性サーヴァントの足止めに特化しています。

また、強化クエストで得られる「女神の気まぐれ」は神性を持っているサーヴァントなら、自身を含め攻撃力アップ(40%)を付与、宝具も強化クエストで強化解除が行えるようになったため、神性持ちパーティのバッファー、高いNP効率から強化解除を連発するサポート役として活躍が期待できます。

ステンノを使いこなすには敵味方の深い知識が必要ですが、上手く使いこなせば、ゴルゴン3姉妹でのパーティで男性サーヴァントを封殺したり、周回時に後一押し足りない場合のバフ要員など意外な活躍が期待出来ます。

不夜城のアサシン

不夜城のアサシンは「女帝のカリスマ」が特に強力で、LV10で味方全体の攻撃力アップ(3ターン)20%、さらに自身を除く味方全体のクイックカード性能をアップ(3ターン)20%と、貴重なクイックカード3ターンバフを持ったアサシンです。

自身にクイックアップの効果が乗らない点は残念ですが、「拷問技術」で敵単体の防御力をさげつつ、不安定ながら「皇帝特権」の高倍率バフを持つため、3つのスキルを載せて宝具を打てば、星4アサシンでもトップクラスの宝具火力となります。

クイック型アサシンですが星だしは特筆するほででもないため、相方には星だしができるアサシンを選ぶと安定します。